通気層と防水紙を一枚に。屋根を錆びさせないAirGapSheet
スマホタイトル通気層と防水紙を一枚に。屋根を錆びさせないAirGapSheet

敷くだけの簡単施工で、屋根材と野地板の間に 約1cmの通気層がつくれます。 防水紙は透湿性で、野地板・小屋裏の湿気を通気層へ排出。 屋根周辺の資材を乾燥させることで錆びや腐朽劣化を防ぎます。

エアギャップシート本体画像 断面図と施工例
1結露防止

通気層の空気の流れは平均3〜3.9m/分。 これは湿度を排出するには十分な流速です。 冬の北側野地上の湿度が平均で約16%低下。 屋根を傷める結露を防止します。

結露防止グラフ
2断熱効果

通気層は断熱層としても機能します。 夏の小屋裏の温度は、通気層のない屋根と 比べて5.2℃低下しました。
夏に涼しくて、 冬は暖かい屋根構造をつくります。

断熱効果グラフ
3容易な施工性能

特殊な工具が不要で、軽量、
ベタつきも ありません。
さらに気温による固さの変化や 伸縮も少ないため 年間を通じて安定した作業が可能です。

容易な施工性能画像
優れた耐圧性能、信頼性、耐久性
スマホ用優れた耐圧性能、信頼性、耐久性
ひとつ上の建築に選ばれている、高性能ルーフィングシート。

名古屋市中区大須2-10-45ビジネスポイント大須3階301
TEL:052-228-7355 FAX:052-228-7369 Mail: info@marugen-material.com